債務整理の種類3

個人民事再生とは?

いくつかの種類がある債務整理の中で個人債務者再生は、一番新しい制度で2001年に施行されました。そのため債務整理を考える方の中にはこの個人債務者再生を知らないという人もおり、一般的にはあまり認知されていない傾向にあったのですが、最近になってようやく広く知られ始めたかなという印象を受けます。この債務整理の手続きでは返済が出来ない額の借金を背負った債務者が、今の収入で何とか返済できる額を性格に計算し、計画書と共に裁判所に提出、その後裁判所がそれを認め、さらにその計画通りに借金の返済ができれば、残りの借金が免除されるという方法となります。

例えば借金が1000万円あり今の収入ではどうしても返済できない人がいたとしましょう。その人が今の収入で返済できる額、例えば3年で400万なら返せるという計画を立て裁判所に個人債務者再生を訴えました。そしてその後、裁判所がそれを認めれば、そこからその債務者の返済計画がスタートします。そしてその計画通り3年で400万円を返すことができたなら残りの600万円は払わなくてもよくなり借金完済となるのです。つまり計画通り返済さえすれば残りの借金はなくなるのです。

この個人債務者再生手続きをするには条件があり、まず住宅ローンには適用されません。また債務総額が5000万円以下という条件もあり、さらに債務者が将来的にみて一定の収入を得ることが出来ると判断される場合にのみ適応されます。
一人で考え込むよりもまず、専門家に相談してみましょう。ケースによっては過払い請求ができる場合もあるようです。

個人債務者再生の特徴

この個人債務者再生を使った債務整理の最大の特徴は、住宅ローン特別条項という項目があり、それを活用することでマイホーム、など自分の持っている家を残したままで債務整理が出来るという点にあります。この項目は例えば住宅ローンが残っている状態で、さらに別の借金に苦しめられておりその住宅ローンが原因で借金返済が滞ってしまっている場合に、その借金が完済されるまで一時的に住宅ローンの返済を繰延べできるという項目で、借金返済までは住宅ローンの返済をしなくても良くなります。

とはいえ注意をしてほしいのは住宅ローン事態は減ることもなく、当然利息の免除などもないということです。あくまで繰延べだということを覚えておかなくてはいけません。借金の返済が終われば、当然そのまま住宅ローンの返済は自分の元に戻ってくることになります。そのため、住宅ローンがまだ大分残っている場合や、返済額が大きい場合には個人債務者再生の計画が立てづらくなってしまいます。

recommend

金融車専門店
BCAAの激安通販

2017/5/25 更新